寒がりのトイプードルに、おすすめの防寒対策4選!

寒がりのトイプードルに、おすすめの防寒対策4選!

トイプードルは他の犬種に比べて寒がりだということをご存知でしょうか。もこもこのトイプードルはあったかそう!と思うかもしれませんが、寒い日本の冬は飼い主さんがしっかりと防寒対策してあげないと体調を崩してしまいます。

ここでは「犬と猫の飼育大百科」がトイプードルの防寒対策についてご紹介します。

どうしてトイプードルは寒さに弱いの?

寒暖差に弱い「シングルコート」という毛の生え方をしているから

トイプードルは、ふわふわとした毛を持っていますので、一見すると暖かそうですが、その見た目とは裏腹に、実は非常に寒さに弱い犬種です。そのため、室内犬として飼われていて、外で飼うことには適していません。寒さに弱い理由はトイプードルの被毛の種類にあります。犬の被毛には、「シングルコート」と「ダブルコート」と呼ばれている2種類があります。トイプードルを含むプードルの犬種は、全てシングルコートです。

シングルコートコートの特徴

  • 毛の密度が少なく外気からの影響を受けやすい。寒さに弱い。
  • 生え変わりがないので切らなければ伸び続ける。
  • 抜け毛は少ない。

ダブルコートの特徴

  • 被毛が上毛と下毛の2種類からできている。
  • 保温性に優れていて外気の影響を受けにくい構造。
  • 季節によって毛も生え変わるので寒暖差に強い性質がある。抜け毛は多い。

トイプードルの場合、小型犬になりますので、他の犬種よりも体の高さが低いことも寒さに弱い理由になります。暖かい空気は、上に向かって昇っていくという性質がありますから、体の高さがないトイプードルは、暖かい空気に触れる範囲が狭いのです。そのため、シングルコートの中でも特にトイプードルは寒さに弱いといえるでしょう。

犬の場合、人間よりも体温が高いため、寒さに強いのではないかと考えられがちですが、実はそんなことはありません。犬を室内で飼うことが増えてきたことから、1年中気温が安定した部屋にいることでその生活に慣れてしまい、寒さや暑さなどに対しての抵抗が少なくなってしまうのです。

愛犬が寒がっているサインは?

室内犬の適温は20~25°前後、湿度40~60%と言われています。しかし、感じ方には個人差があるので、愛犬が寒がっていないかよく観察してあげましょう。犬が寒がっている場合配下のような行動をとります。

  • 震えている。
  • 体を小さく縮めている。
  • 布団やハウスから出たがらない。
  • 人にぴったりくっ付いてくる。
  • 散歩に行きたがらない。
  • 水分の摂取量が減る。

寒さにより水の摂取量が減り、尿が濃くなることで尿路結石症の原因になる可能性があります。また、寒さによって免疫が落ちるので様々な疾患にかかりやすくなります。高齢犬は特に注意してあげましょう。

おすすめの寒さ対策4選

ここではより安全に愛犬を温めてあげる方法をご紹介します。飼い主さんのライフスタイルに合わせてよりよいものを選んであげてください。

ペット用ヒーターをつかう

設定温度は、犬の体温より3~4度低め(34~35度)に。

足下から暖める床暖房やホットカーペットは、冬の暖房法の定番です。犬も喜ぶ暖房法ですが、体の低いペットにとっては効果が強すぎる可能性もあります。設定温度の調整を行いつつ、熱中症に気を付けてください。

メリット

  • 風を起こさないので、ほこりやハウスダストが舞い上がりにくく、アレルギー症状を引き起こしにくい。
  • 空気が乾燥しない。
  • ペットヒーターならば面積が少ないので節電になる。

デメリット

  • ずっと寝たままだと低温やけどをする可能性がある。 

暖房

最もポピュラーな方法です。室温の設定温度は20℃~25℃にしましょう。空気が乾燥するので、水をたくさん置いておくのを忘れずに。

メリット

  • 温度を設定しておけば、その温度を維持・管理してくれる。
  • 安全。
  • 全暖房器具の中で最もランニングコストが安い。
  • 部屋全体を温めるのに適している。

デメリット

  • 空気を動かすので風が発生する。(風を嫌う犬にはストレス)
  • ほこりが舞いやすい。
  • 乾燥しやすい。
  • 上層部だけが温まり床が冷える。

ゆたんぽ

ゲージの中にゆたんぽを置いておいてあげると、寒さに応じて愛犬が使ってくれます。やけどをしないようにケースやタオルにくるんであげましょう。また、おもちゃと間違えて噛みちぎってしまわないような素材のものを選ぶといいですね。

服を着せる

「犬に服なんて人間のエゴ!」と思うかもしれませんが、実は犬にとっても良いことがたくさんあるんですよ。犬に服を着せることは抜け毛予防や、散歩中のけがの予防、そして防寒にもなります。冬は保温性のある温かいニットやフリース素材などのものを選ぶといいでしょう。

しかし冬の服は静電気が発生し、トイプードルの毛玉ができやすくしてしまうデメリットもあります。静電気防止スプレーや、こまめなブラッシングを心がけましょう。

まとめ

トイプードルは特に寒さに弱い犬種ということがお分かりいただけたでしょうか。今回紹介した寒さ対策を行って、愛犬を寒さから守ってあげましょう。

お役立ち情報コラムカテゴリの最新記事